M&A支援

中小企業の経営の継続を実現する友好的なM&Aをサポートします

ハッピーリタイヤできるようアドバイスいたします

後継者問題や事業承継でお悩みの中小企業経営者の方が、ハッピーリタイヤできるようアドバイスいたします。

日本の中小企業オーナーの多くが、深刻な後継者問題に直面しており、その解決策の一つとしてM&Aが注目されています。児島会計グループでは、お客様の友好的なM&Aをサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

M&Aは、創業者利潤の実現という面で、非常に有力な方法です。解散・廃業の場合、資産の処分価格は低く評価されることがほとんどで、また処分コストもかかります。それに対し、M&Aの場合は、買い手が見つかり、会社に高額の値段がつくことがありますので、経営者は、会社の売却により多額のキャッシュを得られる可能性があります。

また、会社が廃業すれば、従業員の皆様の雇用が守れないことや、取引先にも大きな影響を与えるなどの問題があります。M&Aは、これらの問題を解決する手段でもあります。

中小企業のM&Aとは

中小企業のM&Aは、大企業のM&Aとは目的が全く異なります。中小企業の場合は、会社が未来永却に存続していくための切実な問題が関わっているケースが多いのです。

M&Aで譲渡を希望する企業の多くは、後継者問題の解決や、不得意分野からの発展的撤退を目的としています。買収希望企業の場合も、既存事業の補完や新規事業分野への進出、経営の多角的などが、その主たる動機であり、目的です。そして何より、大企業のM&Aとの決定的な違いは、友好的でなければ絶対といってよいほど成功しません。

児島会計グループでは両者の納得性を重視し、お互いが良かったと思えるM&Aを行なっています。常に中立な立場で仲介を行い、スムーズな業務を行なうことに注力しております。

ご希望によっては社外の第三者だけでなく社内の経営幹部がオーナー(創業者一族)から株式を買取るいわゆるMBOのお手伝いもしております。担当スタッフがお答えさせていただきますので、お気軽にご相談ください。