経営計画策定

経営計画シミュレーションで実行可能な経営計画の策定をサポートします。

概略

経済環境の変化や、価値の多様化によって、企業の大小を問わず、先の見えない時代が到来しています。過去に学び、今を見つめ、未来を読み、「設備投資や、人員補強をどうすればいいか」、「利益の達成や、資金繰り」経営者の迷いはさまざまです。経営計画シミュレーションでは、経営の模擬実験が可能なため、目標達成のための手段が明確となり、自信をもって決断をくだすことができます。たとえば「資金不足」に対する経営意思だけでも、売上原価の低減、人件費の変更など多岐に渡ります。これら多くの経営意思の組み合わせで、実行可能な経営計画ができあがるのです。

児島会計コンサルティンググループでは経験豊富なスタッフが現状分析から経営計画シミュレーションの策定を行い、問題点の発見から解決策のご提案まで、企業の発展のために全力でサポートします。

経営計画シミュレーションがもたらす4つの変化

経営計画シミュレーションで未来の予想を様々な角度、様々なアプローチで分析し、またその際に発生すると予想される問題点への解決策を考えることで以下の4つの変化が生まれます。

1.経営にゆとりがもてます

利益達成のために、今何をすればよいのかが明確になり、資金繰りなどのゆとりが生じるとともに、計画にのっとった利益アップを図ることができます。

2.銀行や親会社への信用が高まります

銀行に融資を受ける際、もっとも必要なことは、過去の業績より計画性。シミュレーションで経営計画を策定し、取引予定を説明します。将来の計画・見込み利益・返済額など計画性のある数字を明示することによって、たとえ現状が赤字でも、計画の確かさや堅実な経営姿勢が評価され、必ず信用が築かれます。同様に親会社への交渉資料としての利用も有効です。

3.融資の額とタイミングが明確になります

中小企業の社長の大事な役割の一つに、「資金繰り」があります。損益計算書ではどれだけ利益が出ていてもキャッシュフローがマイナスになってしまっては元も子もありません。

また、支払の段階で現金も預金も足りないでは支払がままならず信用不安を引き起こします。

融資はケースによって時間がかかり、急な資金繰りでは間に合わないことも多々あります。

経営計画で借入の額とタイミングを抑えることが安全経営の近道となります。

4.社員の活性化、後継者の育成に役立ちます

経営計画書を媒体に、業績向上に関して、担当社員や後継者と一緒に考えることができます。

また共に計画を作成することによって、社長の意思を徹底させ、経営好転の条件を認識させることも可能。社員や後継者に経営参画の意識を生み、活性化・教育などの効用が生まれます。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、千葉県及び関東近県
お客様の状況とご要望によりますので、首都圏以外のお客様も内容をお聞かせください。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。