医業承継

医療機関の事業承継と後継者問題をサポートします。

医業承継コンサルティング概要

医療法人は医療法において配当を禁止されているため、出資持分ありの医療法人については、設立以来の利益(留保利益)が大きくなると相続が発生した場合の出資持分の評価額が非常に大きなものとなり、相続税の負担の増大やそれに伴う経営の承継問題について様々な問題が生じる可能性があります。

また、出資持分の問題が解決した場合でも、ご自身の財産を次世代に円滑に引き継ぐために継続した対策が必要となります。

医業承継コンサルティングの流れ

医療法人特有の出資持分に絡む問題を中心に、相続の発生に備えて様々な解決策をご提案致します。いずれの方法も早い段階での準備が重要となります。

なお詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、首都圏
首都圏以外は交通費を実費請求させていただきます。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。