MAS監査コンサルティング

MAS監査(マス監査)とは、Management Advisory Services(マネジメント・アドバイザリー・サービス)の略で、財務の視点から経営者の皆様に企業経営の支援をすることです。

MAS監査は、近年企業の経営方針・銀行の融資においても必要不可欠な存在へとなりつつあります。なぜなら、法人設立してから10年以上存続出来る企業は6.3%と企業を取り巻く環境は以前にもまして厳しくなっています。

通常の会計事務所の業務は、すでに完了した取引を試算表という形で経営者に報告を行いますが、それでは、過去の成果・実績しか経営者は把握できず、これから先の成長戦略、資金繰り、利益の見通し、税金対策といった将来に関する経営方針の決定が何もできない状況にあります。そこで、児島会計グループが行うMAS監査サービスを使い、経営者が想像する未来像を共に行ってみてはいかがでしょうか。私たちが行うMAS監査サービスは、下記の項目に沿った形で経営者の皆様のご希望に応じた情報をご提供し、経営者の将来のビジョンを明確化させ、皆様の経営を支援いたします。

児島会計グループが提供するMAS監査サービス

中期計画立案

中期計画立案社長自身が将来の明確なビジョンを示します。

自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・経営目標を踏まえ今後どの分野で勝負するかを定め、3~5年後の行動計画と数値計画を決定します。

 

 

単年度計画立案

単年度計画立案1年間の損益・資金繰りの行動計画の見通しを行います。企業にとって最適な意思決定が可能となり「どんぶり勘定」から「先見経営」による創造型企業に生まれ変わります。

 

 

 

経営計画発表会

経営計画発表会全員参加のもと、社長のビジョンと経営目標を明らかにし、各部署の目標を落とし込むことで社員一人ひとりが活性化され目標の実現性が高まります。

 

 

 

予実管理・先行管理

予実管理・先行管理上記の計画立案書が実績のズレをタイムリーに把握を行い、原因を追究します。また資金手当て等が必要な場合は、売上見通しを変更しながら資金繰りの検討を行い、融資を先立って行います。

 

 

 

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。